子供の頃の誕生日会の思い出と娘の誕生日会をした事、子供の頃に誕生日に貰ったマンガのシャツがいつまでも忘れられません。

いろいろ便利なギフトカタログ
いろいろ便利なギフトカタログ

誕生日の思い出

子供の頃我が家はとても貧乏でした。

近所に住み同級生は皆わりと裕福だったようで誕生日になるとお誕生日会をして友達を招待していました。
家にお友達を呼んで御馳走を食べるというたわいもない事で招待された人はお祝いギフトという高価なものではないのですが何かプレゼントを持っていくと言うものでした。

私の母は何故か友達を家に呼ぶのが嫌いな人でいつも外で遊びなさいと私はよく怒られました。
そのせいか貧乏でプレゼントを買う事が出来なく誕生日に友達を招待できなかったのかは解らないのですが絶対にお誕生日会に出席する事は許してはくれませんでした。

私がどんなにお願いしても母の意思は全く変わる事が無く友達のお誕生会の当日は遊び相手もなく淋しく過ごした事を今でも少し悲しい思い出として記憶に残っています。
娘が小学生になった頃ですが、やはりお誕生日会という行事はあって娘もいそいそと出掛けていました。
我が家でも娘の誕生日に何度か中の良い友達を呼んで子供の好きそうな料理を御馳走して皆でケーキを食べて一緒に遊んで楽しく過ごした事があります。
多くの友達から誕生日のプレゼントいうお祝いギフトを頂き娘も大喜びでした。

子供の成長と共に何時の日かお誕生日会はしなくなりましたが子供のとってはとても嬉しい行事だったと思います。

まんがのシャツ

子供の時に両親から誕生日のお祝いギフトを貰った記憶は私にはありません。
貧乏だったから本当にプレゼントが無かったのかもしれないし、それでも母は私の為の私の好物やお赤飯を炊いてくれたかも知れないのですが思い出す事ができないのを少し淋しく感じます。
私には三つ上の姉がいますが子供の頃は毎日姉と二人で近所に住む姉妹のお姉ちゃんに遊んで貰うのがとても楽しみでした。

毎日お姉ちゃんが学校から帰ってきて迎えに来てくれるのが楽しみでたまりませんでした。

お姉ちゃんの方を「なっちゃん」妹の方を「たかちゃん」と呼んで姉は「みゆきちゃん」私は「よしみちゃん」と呼ばれ近所でも仲良しで有名だったそうです。

私はたぶん4歳位だったと思いますが私の誕生日になっちゃんとたかちゃんが漫画の絵のついたシャツをプレゼントしてくれました。
お祝いギフトといって良いのかどうかは解らないのですが私にとっては物凄い贈り物でした。

洗濯するのも嫌がり、そのマンガのシャツを着ると上機嫌だったと母が何度も言っていました。
私も子供心に何の絵が載っていたのかは覚えていないのですが本当に嬉しかった事ははっきりと覚えています。
その後、我が家は引越してなっちゃんとたかちゃんの事は忘れていましたが偶然と言うのはあります。
娘の小学校の参観日でたかちゃんに再会しました。
感激でした。

その後一度だけなっちゃんにも再開しました。
マンガのシャツを永遠に忘れる事はありません。

Copyright (C)2017いろいろ便利なギフトカタログ.All rights reserved.