子供の頃の母の日の思い出と娘に貰った母の日の絵は今でも宝物で今年の母の日に叔母に贈ったプレゼントには心苦しく思った事です。

いろいろ便利なギフトカタログ
いろいろ便利なギフトカタログ

母の日の贈り物

子供の頃母の日が近づくと学校で母の絵を書いて造花の真っ赤なカーネーションをお小遣いで買って母にプレゼントしていました。
その絵にはちょっとしたエピソードがあって今から40年以上も前の話で当時にしては珍しく私の母は髪を茶色に染めていました。
私はその通りに母の髪を茶色のクレヨンで塗って先生に見せたら「人形みたいに茶色にして!黒に塗りなおしなさい!」と言われ「私のお母さんの毛は茶色です」と言っても信じて貰えずに仕方なく母の髪を上から黒く塗り母にプレゼントしました。
その後にその事実を伝え両親が笑っていて後々語り継がれる事になりました。
その私の母の日のお祝いギフトとは言えない位の贈り物に母は特に嬉しい様子はなく子供心に少し淋しく感じました。
ですが心の中ではきっと喜んでくれていたと思います。
たぶん「嬉しい」と思う気持ちを上手に表現できないどちらかと言えば不器用な人間だったのでないだろうかと私は思っています。
元気でいたら私が贈ったプレゼントが嬉しかったのか聞いてみたいけれど今では叶わぬ事となり母の日が近づく度に母親が元気で入る人を羨ましく思っています。
一人娘が保育園に通っている時に母の日に絵を書いてくれました。
娘の書いた私は髪をカールさせてピンクの口紅を塗っていました。
20年以上たった今でも大事に持っています。
いつか額に入れて飾ろうかと思っています。

今年の母の日

休日が不規則な職場に勤務しているのですが今年の母の日はお休みでした。

母が亡くなってから母の日のプレゼントは私には縁の無い事だと思っていたのですが母が亡くなってから近くに住む親戚の叔母に随分をお世話になっています。
伯父が母の兄に当たるので私とは血の繋がりはありませんが叔母の家に行くと何だかほっとして母と居るようにほっとします。
家庭菜園が趣味の叔母は季節ごとに取れたての野菜を私の為のとっておいてくれます。
時には美味しい煮物を作ってくれたり今では私の母のような存在です。

時には友達の様に話をし女同志で意気投合しています。
そんな叔母に母の日にお祝いギフトを贈ろうとある日突然にひらめきました。
ですが貧乏な私はお金も無いし買いに行っても叔母に贈る物が思い浮かびませんでした。

その頃、知り合いからバッグを何個か頂きました。
何でもサンプル品で処分に困っているからと言われて遠慮なく頂いたのですが色がショッキングピンクで私には似合いません。
デザインは可愛くて気に入っていたのですが捨てるのも勿体なので通勤に使っていると職場の人がとても気に入ったので差し上げる事にしました。
どうせならば気に入って喜んで使ってもらえる方がバッグも喜びます。
そのお礼に藤色の手編みにストールを頂きました。
そのストールですが私には地味で全く似合いませんでした。

それを私は母の日にラッピングして叔母に自分で編んだからと母の日のお祝いギフトにしました。
想像以上に叔母は大喜びで近所の人達に姪が母の日の贈ってくれたと嬉しそうに話しています。
私は嘘をついた事が心苦しく来年こそは叔母の為に母の日のお祝いギフトを買いに行こうと心に決めました。

Copyright (C)2017いろいろ便利なギフトカタログ.All rights reserved.