お祝いギフトのお返しは大事にしまい過ぎて駄目にする事があるので出来るだけ早くに使うべきだと感じました。

いろいろ便利なギフトカタログ
いろいろ便利なギフトカタログ

クローゼットに眠るお返しの数々

お祝いギフトを贈る度にお返しが届きます。
大した金額の物ではないのでお返しは気を使わなくていいからと言っても日本人はお祝いギフトを頂くとお返しをするという風習を忠実に守っています。
私もその中の一人なのですが届いた時に一応中身は確認するのですが食器やタオルなど腐らない物はそのままクローゼットに仕舞い込んでしまう事が多くあります。
その為にクローゼットは一杯になり整理をしようと思うのですが「暇な時にしよう」とか「そのうちに片付けよう」と思っていると何時になっても片付く事はありません。
段々と山積みになっていくだけです。

私は今年の夏に娘が嫁ぎ先の両親と同居していたのですが晴れて新築の家を建てて別居する際に食器もタオルの必要だろうと思い、重い腰を上げてやっとクローゼットの整理を始めました。
驚く事に出てくるわ出てくるわで誰に頂いたのかも思い出せない物や貰っていた事自体を忘れていた品物が多々ありました。
少し古めかしく感じるお皿があったり箱はくたびれているのですが中には素敵なカップやお皿があったりしました。
古いアルバムを整理している時と同じ感じで箱を開けるのが楽しく思えました。
娘は大喜びで新居へと持って帰りましたが我が家では使う事のない物が活用され嬉しく思いました。

大事にしまい過ぎた物

お祝いギフトのお返しは大事にしまい過ぎて駄目になったりする事が良くあります。
タオルの沢山なるからと長年しまっていると黄ばんだりシミが出て折角の頂き物を駄目にして勿体な事をしたと思う事があります。
先日もクローゼットを整理して娘が家を建てたらあげようと思っていた鍋のセットが出てきました。
デザインもなかなかシンプルで使い勝手が良さそうなのですが最近ではオール電化の家庭が多く鍋も買い変えないといけないと聞きました。
娘の家もやはりオール電化でその鍋は使えないからお母さんが使ったらと言います。
我が家には今使っている鍋が沢山あるし鍋がやはり毎日使っている方が使い勝手が良いのです。

仕方なくその鍋は又クローゼットに眠る事になりました。
今使っている鍋が駄目になったら使おうと思っています。
ですが鍋と言う物はそう簡単に駄目にはなりません。
我が家も今はガスを使っていますがそのうちオール電化になるかも知れません。
そうなるとその鍋は我が家にとっては永遠に不用品となってしまいます。
思い切って古い鍋を捨てて新しい頂き物の鍋にしました。
使い勝手がいいと言う所までは行きませんがその内に私に馴染んでくれる事は間違いありません。
何でも大事に取っておくのが私の悪い癖です。

頂き物は有り難く出来るだけすぐに使おうと決めました。

Copyright (C)2017いろいろ便利なギフトカタログ.All rights reserved.